上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
LIFE LINEのレコ発ライブを見てきました。

いやーいいライブ、イベントだった。

すげーお客さんの数だったしライブしてーーっておもったね。

そしてLIFE LINEらしいまっすぐで暖かくて気持ちいい何もかもを詰め込んだライブだった。

LIFE LINEのみんなはほんとにみんなを喜ばせることが大好きなんだろうなっておもった。

興奮状態で家に帰って 金曜に借りたDVD「SCHOOL OF ROCK」を見ました。

コメディかなって思ってたけどさめっちゃ泣いてしまった。

もちろんさこんな映画のようにいくほど現実は甘くないし残酷だけどさ

なんかまっすぐなROCKに対する思いが伝わってきた。


昔、TeseractはROCKだとずっと言い続けてきたけどさ

今となってはそんなのどうでもいい。もちろんジャンル的にROCKから離れたことも

あるかもしれないけどROCKだろうがPOPだろうがJuzzだろうがPUNKだろうが

そんなのどうでもいい!「良いものは良い」それが音楽。

ROCKがそれを象徴するようなジャンルだからそう言われるのかもしれないけど

ROCKはじゃなくきっと音楽は世界を変えられる。というか確実に変えてきた。

それは言いすぎかもしれないけど少なくても音楽は人を変えられる。

これはきっと間違っちゃいないよ。

LIFE LINEのまっすぐで純粋なライブ、そしてDVDを見て

年を重ねて、夢を話せなくなってた自分にちょっと寂しさを感じた。

俺らも近いうちにはLIFE LINEのようにレコ発を向かえ卒業する。

そしてまた果てしない道を歩き出あす。

でも、自分はもっと自分でいなきゃね!ROCKでないBANDかもしれない

みんなをあおれるような激しい曲じゃないかもしれない、俺が最初に描いたやりたいBANDとは

かけ離れているかもしれない。でもさ これがいまの俺だよ。俺がやってるんだから俺のやりたい音楽だよ。


売れなきゃ続けられない たしかにそれも現実。だけど 売れないとおもってるならやらない、できない。


だれがなんといおうとやるのがROCKだろ?今こそROCKのSOULを思い出すときかもしれないW

と まあ映画1本みただけどこうなってしまう相変わらず単純な俺ですが

なんていうかさ… へたくそでも、才能がなくても、売れなくても、音楽、ギター、そしていまのメンバーに

出会えてよかった。そう思った一日でした。

もっと暖かくてみんなが自信を持って前を向けるようなそんな曲をつくっていけたらいいなと思います。

こんな心も体も小さい人間だけどさ 楽器一つあれば何十万人もの人の心に届けることができる可能性を

秘めてるんだよ。


いつまでできるかなんてわからない。時間にも、身体にも、心にも限界はあるからさ。

でも 俺には夢があります。それは「バカみたいな」でも「どうせ叶わない」でも「お前らには無理な」でも

ない大切な大切な夢だから。

スポンサーサイト
2010.08.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://teseractxkizashi.blog118.fc2.com/tb.php/408-9f0adec0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。