上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

なるべく長文にならないようにまとめますのでよかったら最後まで読んでくださいW

昨日FourthDimension×Stand UP!にきてくれたみんな、出演バンド、後輩バンド、仲間のみんな、立川HeartBeatのスタッフの皆さん、kamomeさん本当にありがとうございました。

「素敵」この言葉がとっても似合う一日、空間になりました。

「後輩バンドを育てる」ってのを一番のコンセプトとしたFourthDimensionが
お客さんに楽しんでもらえるんだろうかって不安の中始まったこの1年だったけど、昨日のお客さんの笑顔、涙を見ていたら、バンドだけじゃなくこの企画の関わった全ての人が同じ気持ちを共有できていたんだなって思えました。

Teseractや空想少年、出演バンドが涙流すのはある意味当たり前かもしれないけどさ 昨日はスタッフ、後輩バンド、お客さん 沢山の人が泣いてる姿を見た。たぶん曲にとかじゃないと思う。

昨日あの場に居た人、その中でもこの一年この2つの年間企画を見守り一緒に支えてくれた人は特にだと思うけど 確かな感動があったよね。


男も女もバンドもスタッフもお客さんもそんなの関係なく同じ気持ちを共有して涙を流せるイベントなんて本当に素敵です。昨夜のあの空間はね1,2ヶ月では絶対つくれないんだよね。

帰るお客さんに「ありがとうございました。」って言ったら
「そんな、こちらこそありがとうございました。」
「こんな素敵なイベントを1年間お疲れ様でした」
そんな言葉を言ってくれる方が何人も居ました。

まじで嬉しすぎる言葉です(T_T)

皆勤賞の方から素敵なメッセージカードも頂きました☆
手の込んだ、気持ちのこもったプレゼントはほんとに嬉しい☆

決して満員ってわけじゃなかった、演奏もライブもまだまだな俺達だった。
そこに居た全員には伝わらなかったかもしれない、ビジネス的にお金にならないイベントかもしれない、俺らの音楽じゃメジャーにはいけないかもしれない

だけどさ 昨日の空間を作れたことは確かなこと、僅かに数十人かもしれないけどみんなで1年かけて、音楽を使って作り上げたたしかなモノなんだよ。

音楽の本当の「価値」ってなんだろう?
ビジネス?自己表現?

どれも正しい「価値」だと思う。

でもこの一年間の俺らの音楽の「価値」は
確実に「共感」です。共に想い、共に感じ、共に笑い、共に泣き

バンドもお客さんも、スタッフもみんなで全部共有できたことを本当に
幸せに感じます。

すごくすごく大切なモノを手に入れれた気がします。
とにかくみんなマジ大好きですW恥ずかしいけど昨日ほんとそう感じました(^^ゞ

たぶんこれから先俺は「真価」って事を考えて活動していくと思います。
本当の音楽の価値をもう一度しっかり考えなきゃいけないと思う。

そう思わせてくれたこの1年間。

本当に本当にありがとうございました。

Teseract Kizashi
スポンサーサイト
2011.11.07 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。